抗うつ剤で症状を改善する~精神のケアサポーター~

医療現場

薬効の個人差と医師

医療

うつ病と神経伝達物質

脳の中には沢山の神経細胞があり、それぞれが化学的な物質をやり取りしながら情報を伝えています。 神経細胞は網の目ではなく、一本ずつの神経細胞の集合体であり、神経細胞同士の間には隙間が空いています。これは外部の衝撃で断裂するのを防ぐためと考えられます。 神経細胞の先端にはシナプスという部位があり、そこで隙間を超えて情報のやり取りを、化学物質の放出と受け取りにより行っています。このときやり取りされる物質が神経伝達物質です。 神経伝達物質を送る側には、物質を再利用するため吸収する場所(トランスポーター)もあります。シナプスは、神経伝達物質を放出、受け入れ、再取り込みを行い、神経細胞の間にある物質の濃度を調整しているのです。この神経伝達物質がうつ病や薬と関係していることは偶然もあって発見されました。ほかの病気で使われてた薬の中に神経伝達物質の量を変えるものがあり、それを服用した人のうつ状態が変化したのです。そのうつに影響を与える物質には、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンがあげられます。 抗うつ薬はこれらの濃度を調整し、症状の改善を図るもので、錠剤のものが抗うつ剤です。抗うつ剤はシナプスのトランスポーターでセロトニンなどの再取り込みを妨げるなどして物質の量を変える働きをします。 現在までに開発された抗うつ剤の主なものには、化学構造で分類される三環系や四環系、主に伝達物質のセロトニンに作用するSSRI、セロトニンやノルアドレナリンに働きかけるSNRI、神経伝達物質を増やす働きを持つNaSSAなどがあります。ほかにもSARIやスルピリドなどが使われることがあります。 抗うつ剤は様々なタイプのものの開発が続いています。薬の効き方には個人差があるので新薬の動向には関心を持っておくと自分にあう薬を見つける可能性が広がるでしょう。

薬の個人差と医師との関係

抗うつ剤の効き方は人によって異なります。神経伝達物質の取り込み口の性質が人によって違うからではないかと考えられています。ですから新しい薬が必ずいいとは限りません。古い薬に変えたら状態が急激に改善したというケースもあります。自分に有効で副作用も少なく、安心して継続的に使える薬が見つけるのが大事ですね。 よく効く薬か確かめるには、薬の取り方もポイントになります。 抗うつ剤の使用法は、メインになる抗うつ剤を徐々に最適な量まで増やし、そこから数週間から1ヶ月くらい様子を見て聞き方を確かめるのが一般的です。すごく少ない 薬の量を続けるとか、効果が出ない同じ薬を使い続けるのはあまり意味がありません。個人差があるので、最適な薬が見つかるまで結構時間がかかる場合もあり、いろいろ試している間の副作用や薬が見つからないことにがっかりすることもあるかもしれません。そのような不安や心配を避けるには、知識を増やすとともに医師とのコミュニケーションを良好に保つことをお勧めします。 わからないことは医師に確認をしてみましょう。今の薬をどのような理由で選んだのかなど尋ねてみると良いでしょう。 同じような症状の方に良く効く傾向があるから、意欲低下にいい薬だから、眠気の副作用が少なく仕事にも影響しないと思われるから、男性により効くという事例が多いからなど、さまざまな考えで処方していることがわかると思います。 治療計画を説明してもらうと、自分が飲む薬を納得し服用でき、気持ちの落ち着きなどの面からも効きが良くなる場合もあます。 医師の読みがはずれることもありますが、良いコミュニケーションがとれていれば、自分に合った薬を医師と一緒に探す作業を続けていくことができ、治療が滞らずに済むでしょう。 悩みや心配も多いうつ病の治療には、医師との長期の信頼関係もよく効く薬の一つと考えたいものです。