抗うつ剤で症状を改善する~精神のケアサポーター~

医療現場

お薬を活用する治療

女性看護師

うつ病を改善

うつ病での症状を改善するため、治療法によっては抗うつ剤による薬物療法が用いられた治療が行われる事があります。抗うつ剤は、脳の神経伝達物質であるとされてるモノアミンを制御するために活用されているお薬です。抗うつ剤にはいくつかの種類があり、それぞれのモノアミンに対する過剰な伝達を抑える役割をするために処方されています。モノアミンにも数種類の物質があるとされており、神経伝達物質に関する研究については現在でも最先端の研究が行われている分野です。薬物療法では、脳の内部に流れている伝達物質の活動を抗うつ剤で制限をします。これにより脳の過剰な興奮状態などを抑える事ができると言われています。例えばうつ状態が続き、様々な刺激やフラストレーションなどの要素によって興奮気味になってしまった時には、過度なイライラから八つ当たりをしてしまう事があります。こうした状況にて過剰な神経伝達物質の分泌がされてしまう事があるため、この波をできるだけ穏やかにするために治療のためのお薬を活用する事があります。実際には医師が抗うつ剤を活用する際には、そのお薬を活用する事で患者さんの生活にどのような影響が出てくるのかといった可能性を考慮してお薬の処方が行われていると言われています。また、もちろんの事ですが抗うつ剤が神経伝達物質の過剰伝達を抑えて穏やかにできるからといって、用法用量を守らない活用をする事は厳禁です。処方された抗うつ剤に関する詳しい情報についてわからない事があった時は、診断を担当している医師や、薬剤師から詳しい情報について確認してみましょう。

精神療法と薬物療法

うつ病の治療方法には、一般的に大きく分けて精神療法と薬物療法があるとされています。患者さん本人の病状や症状などを確認しながら、継続的にいくつかの治療方法を試みつつ状態を改善する治療が行われます。精神療法については、そもそも多くの精神病は私たちの普段の生活習慣と深く関わっている事は間違いなく、生活習慣を良好な方向へと改善するためにも行われています。この療法では、カウンセリングによる認知療法といった治療法が試みられ、精神状態を前向きに改善してゆくための取り組みを中長期的に続けます。また、うつ病に限らず他の精神病に関しても言えることですが、十分な休養を取る事も非常に大切です。休養を取る事で、例えば内臓の状態や胃腸の働きを整える作用もあります。例を挙げると、胃の調子が悪いと精神に影響がある場合もありますが、これは休養を十分に取る事で胃腸の働きが改善して精神状態の改善に繋げる事もできます。そのため精神病の多くは内臓の疾患など他の病気とも密接に関連している病気であるとも言われています。内臓の状態を整えると言った他の因果関係の改善にも、休養を取って体を十分に休める事が役立っているのです。休養をしっかりと取る事は全ての精神病の改善に効果があるとも言われるほどで、無理に努力をしすぎず、そしてその人の状態にあった十分な休養を心掛ける事も精神病改善のための大切なポイントの一つであるとされています。こうした精神病改善のための工夫や取り組みは些細な事が多いですが、こうした些細な取り組みや工夫をひとつひとつ継続させることによって生活環境が改善し、精神病を克服するためのひとつの手がかりとして期待する事が出来るとも言えます。