抗うつ剤で症状を改善する~精神のケアサポーター~

医療現場

精神医療の薬

男性

様々な特徴があります

精神科や心療内科で処方される薬の中でも特に多いのが、抗うつ剤です。抗うつ剤はうつ病の治療ではもちろんのこと、不安障害や様々なストレス性の症状にも使用されています。女性の場合、更年期や生理前の気分の落ち込みにも時に処方されることがあるのが抗うつ剤です。抗うつ剤には、実の所様々な種類があります。医師は、個人の症状に合わせて適した薬を処方するのが常です。抗うつ剤の多くは少なからず脳内物質に働きかけるのが特徴で、うつ症状を抑えるメカニズムはそれぞれ微妙に異なります。ノルアドレナリンやセロトニンなどが、こういった薬が作用する脳内物質です。この手の脳内物質は、精神の高揚や気分安定に大きく関わっており、うつ病などで多く見られる気持ちの落ち込みを解消します。最近では新しいタイプの抗うつ剤も登場しており、治療の選択肢がより広がっている状況です。抗うつ剤の効果には、個人差があるのが一般的と言えます。場合によっては途中で薬を変えながら、症状の変化を見守るのが精神科や心療内科の医師です。抗うつ剤には、一定の副作用や離脱症状があることが知られています。口の渇きや眠気、便秘などが例えば多い副作用です。このような副作用は、薬が効くプロセスに伴って引き起こされます。また、抗うつ剤を使用する際には離脱症状にも注意が必要です。いきなり服用を中断すると体がついていかず、色々な症状が現れてきます。従って、抗うつ剤を飲んでいる最中は医師による服用の指示を守ることが大切です。

副作用の軽減が必要です

抗うつ剤の服用時に起こる副作用は、現在様々な所で話題になっています。特に性機能の低下や尿が出にくくなるといった生活に支障をきたす副作用があることが、問題です。こういった副作用は、薬の種類を変えてみたり服用方法を工夫することで抑えられることがあります。例えば抗うつ剤を漢方薬などの他の薬と併用することで、可能になるのが薬の減量です。服用量が減れば、自然副作用も起こりにくくなることからこういった併用は注目されています。医師もこの手の問題には特に大きな関心を持つようになっており、処方を工夫することが増えている状況です。薬を飲むことで生じるつらい症状をどのように抑えるかが、昨今の精神医療の重要な課題となっています。抗うつ剤は一定の科学的作用が認められている薬剤です。一方、漢方薬などの生薬は自然の天然成分から抽出されており、効き目や効くまでの時間が異なります。ですので、どのタイプの薬が良いかを医師と相談しながら決定していくのがベストです。抗うつ剤に関しては、現在デメリットも含め広く詳細が知られるようになっています。そのため、医療機関の受診者の中にも服用を始めることに抵抗を抱く方が存在するのが実情です。若い年齢でのうつ病の発症が増えていうることもあり、副作用についてはさらに減らすことが求められていくと考えられます。うつ病などでは薬を数年間飲み続けることも少なくなく、副作用のコントロールは今後も重要な課題です。薬に頼りすぎない治療が以後は一層重視されていくと考えられます。