抗うつ剤で症状を改善する~精神のケアサポーター~

医師達

薬効の個人差と医師

医療

うつ病の治療には神経伝達物質を調整する抗うつ剤が使われます。抗うつ剤は種類も多く、効き目には個人差もあるので、自分に合ったものを見つけるまで時間がかかる場合があります。このようなときは医師とのコミュニケーションが重要です。医師との関係も薬の一つと考えるようにしたいものです。

詳細を確認する

お薬を活用する治療

女性看護師

うつ病にかかると医師の判断のもとで、精神状態を改善するためにお薬を活用した治療法を試みられることがあります。お薬を活用した治療の効果をより高めるために、症状改善のための簡単な工夫を知っておきましょう。

詳細を確認する

お薬によるうつ症状改善

女性

脳の過剰活動を抑える

診療所などにおいてうつ病と診断された場合には、一般的にはカウンセリングなどの対人療法による「精神療法」が行われるほか、または抗うつ剤による「薬物療法」が行われる場合があります。医師の診断によって治療方法に違いはありますが、精神療法は比較的中長期的な治療による症状改善が試みられます。一方、抗うつ剤などによる薬物療法による改善も行われる場合があります。これは抗うつ剤によって脳の過剰な活動を抑える事で、普段の生活をしやすくするサポートを行う事でうつ病の症状改善に役立てようとする治療法です。カウンセリングによる治療は心の傷を癒やしたり、ストレスの原因となる人間関係の悩みの改善や、生い立ちや生き方などによるコンプレックスの改善、あるいはストレスを抱え込みやすい思考パターンの改善などを、カウンセラーとの会話によって解決してゆく治療法です。お薬によるうつ病の治療方法では、脳の神経に直接影響を与えて症状を改善する事ができる事に対し、もう一方の対人による療法は認知の改善などの間接的なサポートによる症状改善に繋げてゆく治療法であるため、後者は比較的中長期的な治療が行われる治療法であると言えます。抗うつ剤による治療方法では、現在様々なタイプの抗うつ剤が開発されており、それぞれ脳の過剰な神経活動を抑えるための物質を投薬する事によって、生活の辛い症状の改善に役立てます。例えば精神病としてよく知られる症状としては、いきなりキレて八つ当たりが止まらなくなってしまう場合はあります。こうした症状が発生した場合にお薬で改善し、八つ当たりをできるだけ抑える事で自己嫌悪を防ぎ、その後のネガティブ状態を改善するといった事ができます。

お薬による具体的対処方法

抗うつ剤では、脳の内部に複雑に構成されている神経回路の伝達物質を制御する事ができる物質が含まれています。一例としてノルアドレナリンという神経伝達物質があります。このノルアドレナリンは興奮状態になると過剰に発生する物質であると言われており、いきなりキレる状態になっている時にはこのノルアドレナリンが過剰に分泌され、脳の内部の神経回路に多量に流れ込む事で過剰な神経過敏状態になりイライラした興奮が持続してしまいます。この状態が長く続いてしまうと、自分自身も不快感に苛まれるほかにも、周囲の人たちも八つ当たりに巻き込まれ険悪な雰囲気になってしまいます。職場などでは特にやっかいがられてしまうため、周囲から迷惑な人というレッテルを張られてしまうなどで大きく自己評価を落としてしまう結果になります。そうした流れから、自分が八つ当たりを止めることができなかったため自己嫌悪に陥り、ネガティブな感情を作り出してしまうというケースは、一般的に良く知られています。さらにそのネガティブ感情がまた八つ当たりやイライラの原因を作り出してしまう事になってしまうため、どんどん悪循環が生み出される事になるのです。こうした悪循環をどこかで断ち切らなければ、精神衛生状態を著しく悪化させてしまう事にもなりかねません。症状の悪化を避けるためにお薬による治療法や改善を試みることで生活習慣を改善させ、無駄な八つ当たりを避ける事に繋げられる可能性もあります。併せて、全ての精神病において効果があるとされているのは休養であるとも言われます。医師の診断のもとで休養を適度に取り、家庭内において肉親との連携を大切にする事で、自分の気持ちを大切にした生活環境を整える事ができれば、うつ病の理想的な症状改善に繋げる事ができるでしょう。

精神医療の薬

男性

抗うつ剤は、脳内物質に働きかけて気分を高揚させたり安定させることが出来る薬です。一定の副作用や離脱症状があるのが特徴で、服用中は体調の変化に注意します。今後は他の薬を併用したり、減量を試みる方が増えていくでしょう。副作用を抑えることが一つの課題です。

詳細を確認する